病気の猫にも高タンパク質のキャットフードが選ばれる


病気の猫にも高タンパク質のキャットフードを選択する飼主さんはたくさんいます。猫が患う病気は複数ありますが、その中でも大変な病気は心臓病や癌です。人間でも恐れられている病気の一つで、特に癌は人間でも命の危険を脅かす病気の一つです。

基本的に猫を飼っている人の中には健康診断に行かない人も多く、もし健康診断で癌を初期の段階で発見することができたとしても、人間のように改善が見られることは難しく、そのまま完治できないケースが多いです。癌や心臓病になれば健康な時のように、身体を思いっきり動かすことができないので、徐々に筋力が低下する恐れがあります。そこで高タンパク質のキャットフードを選択して与えている飼主さんもいます。

先程からも説明しているように高タンパク質なキャットフードは筋肉の減少を予防するので、病気の猫でも一定の期間は筋肉を維持することができる可能性があります。しかし、病気の猫に与える時は消化できる量が健康的な猫とは異なりますから、獣医師に相談をして適切なキャットフードの与え方を心がけるのが一般的です。また、慢性腎臓病や重度の肝臓病等の病気になっている子はタンパク質の摂取は制限しなければなりませんので注意しましょう。